自治体によるお葬式の費用の補助について

皆様はお葬式の全国平均金額を知っていますか?
お葬式というのはかなりお金がかかり、全国平均で約200万円少しかかるとも言われているのです。
人の死後には、葬儀以外にも、お墓を建てたり、法要を行ったり、仏壇を購入するなど色々なお金が必要となるのです。

そんな負担を少しでも軽減するために、地方自治体による補助金制度があるのをご存知でしょうか?
この補助金制度を知っているか知らないかにより大きく費用が変わっていくのです。

この制度は各地方自治体によっても異なりますし、故人様が生前、加入していた保険によっても受けられる補助金額は異なるのです。
勤務地などによっても受けられる制度は異なりますが、国民保険加入者であった場合ですと、3〜7万円、社会保険加入者であった場合は、一律5万円の補助が出るのです。

また社会保険加入者の場合は、勤務先により支給額が異なる場合があり、かなりの支給額が貰えることがあるのです。
支給額は、故人が勤めていた会社の報酬額を受けることが出来るので、多ければ90万近くまで受けられるのです。
そして、社会保険加入者の扶養家族の者が死亡した場合でも、一律10万円の補助金を受けることが出来ますから、かなり手厚いものと言えるでしょう。

この補助金制度を利用するためには、それぞれお住まいの自治体へ申請する必要があるのです。
準備するものは、申請者の印鑑、死亡診断書、故人の保険証、葬儀の領収書などが必要になるのです。
必要書類も自治体により異なりますのて、よく確認してから準備するようにしているのです。
そして必ず葬儀社から貰う、領収書を無くさないように大切に保管しておきましょう。

この自治体による補助金制度は、死亡後、又は葬儀後、二年以内の申請が認められているのです。
二年以上経過してしまうと、この制度を受けられなくなる可能性がありますから、葬儀を終えたらなるべく早く、地方自治体へ申請するようにしましょう。

Copyright (C) 最後の儀式 All Rights Reserved.