お葬式の費用はどこまで安く出来るのか?

お葬式は精神的、体力的に負担がかかるだけでなく、経済的にも負担が大きくかかり、よく家族内のトラブルや、葬儀社とのトラブルが起きています。
全国平均では約200万円近く必要だと言われており、なかなかお金がかかるものと考えられています。

しかし最近では、お金をかけないお葬式という新しいスタイルのお葬式も増えてきています。
かつてのお葬式というのは、故人最後の時ですし、体裁もあるため、お葬式を安く済ませるというのは、失礼で罰当たりな行為と考えられてきました。
ですが、近年では長引く不況の影響も受け、葬儀にお金をかけられないという現状があります。

ではお葬式の費用は一体どこまで安く出来るのでしょうか?

まずお葬式とは人生にそう何度も経験することではありませんので、何にいくら必要なのか?どこまですれば良いのか?というのがイマイチはっきり分からないというのが一番の落とし穴でしょう。
そんな時、葬儀社の方についつい「一般的にはどれくらい用意するものですか?」などと聞いて、「普通はこれくらいですよ!故人様も安心して成仏できますよ」などと言われると、そうなのかな?
と鵜呑みにしてしまい、葬儀社に言われるがままの葬式を作ってしまうのです。

またお葬式の見積もり書というのは非常に分かりにくく、どこまでがセット料金で、どこからが追加料金かが分からない事がよくあります。
そういった場合でも、分からない事を放置せず、しっかり聞いて要らないものは要らないと伝えるようにしましょう。
あまりに質素なのは世間体などもあるでしょうから、控えるべきでも、豪華にする必要はありませんし、お葬式の形で故人様の成仏に関係するわけではありません。

最近ではこういった問題を解決するために、生前のうちに予約をしたり、家族だけで行い、経費を落としたりと、色々な形のお葬式があります。
家族葬にするだけでも、50〜60万円程度(お布施は別)にすることも十分可能ですから、無理をせず予算に合わせた規模のお葬式を作ることが大切です。

人の死後には、お葬式以外にも、お墓の準備や法要、挨拶回りなど何かとお金が必要となります。
そういったことを考えずに、お葬式にお金をつぎ込んでしまうと大変なことになりますし、それで家族内トラブルなどが起きる方が、故人様も浮かばれません。
トラブルが起こらないよう、お葬式をあげる際には、しっかり予算をたて、無理のない規模のお葬式を作りましょう。

Copyright (C) 最後の儀式 All Rights Reserved.