お葬式の費用はどれだけかかるの?

人の死というものは何度経験しても悲しいものですし、慣れるものではありません。
しかし実際不幸事が起これば、あわただしく葬儀の準備をせねばなりませんし、費用もそれなりにかかるものです。

ではお葬式には一体どれくらいの費用が必要なのでしょうか?
大体日本の葬儀の全国平均金額は、約200万円程度だと言われています。
しかし一口にお葬式と言っても今では色々なタイプのお葬式がありますから、どのような規模で、どのような種類のお葬式をあげるのかにもより、金額は異なってくると言えます。

この200万円という数字は一般的な葬儀や通夜振るまいを行った場合の金額です。
では実際にその内訳とはどのようなものなのでしょうか?

まず、式場を借りるのに、30万円前後、祭壇飾りに30万円〜、棺に6万円〜、枕飾りや後飾り祭壇に5万円、ドライアイスに1万円。
そして寺院へのお布施に30万円前後、霊柩車や搬送費に5万円前後、バスの送迎や飲食費用に50万円前後、その他、火葬費や花代、香典返し、必要な文具など細やかな諸々を合わせて大体200万円程度必要だと言われています。

しかし、式に呼ぶ人数により式場の大きさも変わりますし、寺院へのお布施をいくらくらい支払うのかにもより料金は全く異なります。

ですので、見落としてはいけないのが葬儀社が提示してくる見積もり書です。
見積もり書にはどこまでの範囲が記載されていて、どれくらい追加料金が必要なのか?というのを把握しておかなければ、見積もり書を真に受けていると、とんでもない金額に膨れあがる事があります。
実際にこの葬儀社との料金トラブルは数が多く裁判沙汰になっていることも珍しくありません。

遺族の死後ということもあり、冷静な判断に欠けていますし、お葬式の場合、ゆっくり検討している時間がありません。
ですので、何にどれくらい料金が必要なのか?また、何が必要なのか?というのがあやふやなまま、進んでいってしまいます。
そうならないためにも、予め葬儀社にはいくらくらい必要なのか?などを調べておくと良いかもしれません。

また逆に良く分からない場合には、葬儀社に支払えそうな予算を伝え、その予算に合わせたプランで葬儀を進めてもらうのも一つの手です。
どちらにせよ、見積もりだけを見て、「これだけで済むのか?」とは思わない方が良いでしょう。
分からない点があれば必ず葬儀社の方に質問するようにしましょう。

Copyright (C) 最後の儀式 All Rights Reserved.