家族葬とあるのでお葬式には行ってはいけないのか?

最近はお葬式のあり方も昔と随分変わってきたように感じるのです。
昔は日本の文化やしきたり、また宗派などを重んじたお葬式が多く一般的でしたが、最近は、個人の考えや家族の意見を重んじて行うお式が増えてきており、主流となってきているのです。

中でも人気があり、近年増えてきているのが、「家族葬」なのです。
家族葬とは読んで字の如く、家族だけで行う葬儀を基本的には指しますが、家族葬という言葉は、これらの現代人の需要に応えるために出来た、葬儀社のマーケットの一つだと言えるかもしれません。
そのため、家族葬という定義も難しく、非常に曖昧なものなのです。
ですからかつての密葬のように、本当に家族のみでひっそりと行うというものとは少し異なる場合が多いように感じるのです。

家族葬のメリットというと、近親者のみで行うため、必要経費が抑えられたり、体裁を気にせず、故人の希望に沿ったお式をあげられるという点なのです。
ですから、絶対に他人を葬儀の場に入れたくない!という意味合いではないため、家族葬であっても、故人の友人、知人などは弔問出来る場合があるのです。

しかし普通のお葬式のように、関係が浅く、儀礼的な意味での弔問は、家族葬では控えるべきですし、例え弔問したとしても断られる場合があることを頭に入れておきましょう。
また故人の生前からの希望や遺言書などの希望によれば、本当に家族のみしか立ち会わないという場合もあるのです。
その際は、訃報を耳にしたとしても、弔問するべきではありませんし、通夜やお葬式の日は避けるべきなのです。
どうしても、最後の別れをしたいという場合は、後日弔問に伺うなどが好ましいでしょう。

この様に、家族葬という言葉が一般化してきていますが、家族葬の定義というものは曖昧なもので、各家庭においても考え方が異なるのです。
ですから、弔問出来る場合もありますし、出来ない場合もあるということを頭に入れておきましょう。

Copyright (C) 最後の儀式 All Rights Reserved.