お葬式の香典のめやす

人の死というのは突然に訪れるものです。
普段から慣れているというものではありませんので、不幸事には大人でも悩んでしまうことが多々あるかと思います。
その中でも悩まれる方が多いのが、お香典のマナーについてです。
ここでは葬儀のお香典のめやすについてお話していきたいと思います。

お香典とは、葬儀で使用するお香やお花代をお供えするものですが、一体どれくらいの金額を包めば良いのでしょうか?

お香典の金額は、故人との関係性や、包む人の年齢により多少異なりますが、平均的なめやすだとされているのは5千円〜一万円程度が相場だと言われています。
友人、知人であれば5千円、祖父母や親戚であれば一万円、両親や家族であれば、5万〜十万円程度包むのが相場だと言われています。
しかしこの続柄でなくても、故人との関わり方で、金額を決めれば良いと思います。
ですが、香典に大金を包むことは大変失礼にあたり、かえって先方に気を遣わせてしまうことになりますから、必ず常識的な範囲で包むようにしましょう。

また香典に新札を使用することはタブーだとされています。
よく祝い事の包みでは、新しいお札を用意して包みますが、お葬式でのお香典の場合、新しいお札を用意することは、「死を待って準備していた」という意味合いがあります。
大変失礼な行為にあたりますので気をつけるようにしましょう。
もし綺麗なお札しかない場合は、折り目をわざとつけるなどして包みましょう。

お香典を渡すタイミングは、通夜又は葬儀の時で、受付がある場合は受付で渡すようにすると良いでしょう。

また「お香典は辞退させて頂きます」と書いてある場合は、お香典を包むことはかえって迷惑です。
そういった場合には、香典は包まず、気持ちを込めて故人にお別れを告げるようにしましょう。

このようにお香典一つにしても様々な常識があるのです。
大人として恥じることのないよう、日頃からマナーとして頭に叩き入れておきましょう。

Copyright (C) 最後の儀式 All Rights Reserved.