お葬式のお香典返しのマナー

身内で不幸が起きたことがある方は詳しいことかと存じますが、自分のところに不幸が起きた場合、皆様から故人へのお香、花代としてお香典を供えてもらうことでしょう。

しかしお香典は貰っただけではいけないのです。
お香典返しと言って、お香典のお礼と葬儀が滞りなく終了した報告としてお返しするものです。
それではお香典返しのマナーについてお話していきたいと思います。

お香典返しは、地域や宗派により多少異なる場合がありますが、ここでは基本的なマナーについて説明していきます。
基本的に、お香典返しをする時期は、四十九日の法要が終わった頃に、忌み明けの品として送ることが多いようですが、宗派により日にちは異なります。
そして、最近では、通夜や葬儀の直後に略式として弔問者へお返しするケースも増えていますが、その場合には必ず一言そえるようにしましょう。

また忌み明けにお返しする場合には、お香典を頂いた方のリストがはっきり分かるように、名簿帳などに必ず記帳してもらい、お香典額などに分けて整理しておくと、お返しする際に便利です。

お返しの金額は、一般的に「半返し」と言われており、頂いた金額の半分程度の品物を贈るのが良いと言われています。
お返しの品は、一般的にタオルや石鹸などの実用的な消耗品が良いとされていますが、最近は先方のライフスタイルに合わせた品物や、カラログギフトなどで自由に品物を選んでもらうという形が主流になってきています。

そして香典返しには必ず、挨拶状をそえます。
本来であれば、一軒一軒、ご挨拶に廻るのがしきたりではありますが、それは大変ですし、最近はお香典返しを配送することも増えてきましたので、品物に挨拶状を添えて贈ります。

この挨拶状の文も宗派により異なりますので気をつけるようにしましょう。
分からない場合はギフトショップの方などに相談すると良いでしょう。
また田舎などで特別なしきたりがある場合はその町の年長者や詳しい方に教えてもらうと安心です。

お香典返しにもこのようなマナーがありますので、機会があれば色々調べてみると良いでしょう。
こちらの知っておくべき相続税についての記事も参考にご覧ください。

Copyright (C) 最後の儀式 All Rights Reserved.