お葬式のお香典の包み方

お葬式は何度行っても慣れるものではありませんし、分からないことを堂々と聞ける場ではありません。
そのため、なかなかマナーについて自信を持っているという人は少ないのではないでしょうか?

特にお香典のマナーについては、よく目立つものですし、しっかりと包みたいものですよね。
ここではお葬式のお香典の包み方を説明していきます。

まずお香典で絶対にしてはならない注意点を説明します。
それは、お香典に新札を包むことです。
よく慶事の包みには新札を使用しますよね。
これは、準備していたことを示す行為です。
ですから、お香典に新札を入れてしまうと、「不幸を準備して待ちかねていた」という風に伝わってしまいます。

故人の花代などにお供えするものですから、ついつい綺麗なお札じゃないといけないのかな?と思ってしまいがちですが、お香典の場合は、使用されているお札を使用します。
かと言って、シワシワなお札や破れているものは、勿論失礼にあたりますので、こちらも注意してください。

包み方ですが、地方により多少しきたりなどが異なる場合がありますが、多くの場合、お香典にはお札の裏面を表側にし包みます。
今は市販の香典袋などが豊富に出ていますから、包み方で迷うというのは少ないかもしれませんが、半紙などを使用する場合にはしっかりと包み方を調べてから包む様にしましょう。
半紙の包み方については、インターネットページや、冠婚葬祭マナーの本などにのっています。

そして中袋があれば、金額と住所氏名を記載しておきます。
なければそのままお札を包めば良いでしょう。

またお香典の場合は、墨は薄墨を使用します。
中袋も上袋の表書きも薄墨で書くように注意しましょう。

そして、上袋の包み方にも注意が必要なのですが、香典袋の裏側に注意せねばなりません。
普通お祝いの包みでは、包み紙が上に向いて重なるように包みますが、これは「上を向いて祝う」という意味がありますので、間違えて香典袋の包み方をこういう風に包んではいけません。
お香典袋の場合は、包み紙を下に向いて包むように気をつけます。
市販の香典袋を使用する際は、封を開ける前の形と同じようにして包むと失敗することはないでしょう。

このように、香典袋の包み方一つにもマナーがありますので、恥じることのないよう調べてから行うようにしましょう。
気になる相続税についての記事も参考にご覧ください。

Copyright (C) 最後の儀式 All Rights Reserved.