キリスト教のお葬式の手順

葬儀に何度か参列されている方なら感じることだと思いますが、日本の宗教の約8割は仏教だとされています。
お葬式においても、仏教のお葬式をイメージするのが大半ではないでしょうか?

しかし中にはキリスト教を信教している方もいらっしゃいます。
勿論キリスト教徒の方は葬儀はキリスト教の葬儀となるのです。
ここではキリスト教の葬儀の手順についてお話していきましょう。

大まかな葬儀の流れについては、仏教のお葬式とそう変わりはありません。
また同じキリスト教であっても、カトリックとプロテスタントでは多少葬儀手順は異なりますので注意が必要です。

まず仏教と大きく違うのは、キリスト教では危篤段階のうちから、神父や牧師を呼び、故人となる者に対し、祈りをささげます。
なので、臨終時には、お祈りと祝福をささげるのです。
これらは仏教とは異なる手順なのです。

そして通夜や葬儀の準備に入り、遺体を清め、納棺するのです。
この際に、キリスト教では讃美歌を合唱し、遺体の周りに花を埋め、十字架などを握らせる場合もあります。
ですが、通夜には、聖書の朗読、讃美歌合唱、また日本で行う場合は焼香があることもあるのです。
ですので、葬儀に移りますが、葬儀はほとんどの場合教会にて行われるのです。

その後、出棺となり火葬をするのです。
本来キリスト教では土葬が行われていますが、日本の場合は、土葬は禁止されているため、火葬を行うのです。
その時も、聖歌を合唱するのです。
そして葬儀終了後、ご近所の方に挨拶をし、香典返しなどを行います。

大まかな流れとしては、仏教の葬儀と変わりがありませんが、讃美歌を合唱したり、お祈りをする行為などはやはりキリスト教独特のものだと言えます。
はじめてキリスト教の葬儀に参列すると少々戸惑うこともあるかもしれませんが、葬儀中にも指示がある場合もありますから、ある程度キリスト教葬儀について調べておき、よく指示に従うようにすると良いでしょう。

Copyright (C) 最後の儀式 All Rights Reserved.