お葬式の生前予約について

最近はお葬式というものについても考え方が変化してきたように思います。
その背景には、一人世帯や核家族世帯の急増といった時代の流れが関係しており、自分のお葬式は自分で考えるという新たなお葬式のスタイルが流行りはじめています。

最近人気を集めているのが、お葬式の生前予約で、自分のお葬式の計画を立て、生きている間にお葬式の契約をしておくというスタイルです。
生前予約のメリットは、自分の最後を自分で考えることが出来、自分のしたいお葬式を実現出来るということです。
その上、葬儀にかかる費用なども自分で把握して、その用意をすることが出来るため、家族への負担を軽減することにも繋がります。

また家族の方も、本人の希望が分かっていれば、故人の最後の時を希望通りに再現してあげることが出来ますし、何より、死後まもなくにバタバタと葬儀社の手配や準備をする必要がなくなります。
通常の葬儀ですと、死亡が確認されてまもなくから、葬儀社を探したり、葬儀の準備、知人への連絡リストなどを調べなくてはなりません。
病気などである程度、寿命の予期がついていたとしても、人が死んですぐにテキパキと行動出来るものでもありませんし、冷静な判断力にも欠けてしまいます。
ですから、結局満足がいく葬儀が行えなかったり、あまり良くない葬儀社にあたってしまうなどという結果になりかねません。

しかし生前予約であれば、結婚式の会場を探すかのように、ゆっくりと自分が気に入った葬儀社を探すことが出来ますし、慌てて見積もり書の確認をしてミスをすることもありません。

中には、まだ生きているのに縁起が悪い、と感じる方もいるかもしれませんが、人はいつ命がつきるかは誰にも分かりませんし、死人に口無しです。
死んでからこうして欲しかった、やここまでしなくても…と思っても、その声は遺族には届きません。
ですからこれは非常に理に叶ったスタイルだと言うことが出来るでしょう。

あなたも少し自分の葬儀について考えてみて下さい!

Copyright (C) 最後の儀式 All Rights Reserved.