社葬でのマナー

大きな企業のトップや役員が亡くなった時に行われる「社葬」ですが、社葬とは企業と遺族とが一体となり葬式を開くことです。
社葬は、故人を見送るというだけの場ではなく、企業の繋がりや、企業の今後の発展にも関わるものですから、故人だけではなく、企業にとっても一大行事となるのです。
そのため、個人葬の時よりもマナーが重要視され、気をつけなければ会社のメンツをも潰すことになります。

社葬へ参列する際はマナーに気をつけて行動するようにしなければなりません。
まず社葬の通知が届いたら、誰が参列するのか?を決める必要があります。
個人的な付き合いは勿論ですが、会社同士の付き合いの場合もあるので、参列するかどうかを個人で決めるのは賢明な行為ではないのです。
というのも社葬では、故人よりも低いクラスのものが参列するのは失礼にあたり、故人と同等の者が参列するのがマナーであるからです。
ですから、上司などの指示に従って動くのが良いでしょう。

また社葬の場合、供花などは企業のメンツを意味します。
企業によっては供花や供物を断っている場合もありますから、手配する際には、供花や供物は送っても大丈夫なのか?など相手側の意向をしっかりと確認しておかなければなりません。
また手配する場合には、必ず遅れてしまわないように早めに手配をするようにしましょう。
またどうしても葬式に参列出来ない場合は、弔電を打ちます。

弔問する際の服装などは、普通の葬儀と同じマナーで大丈夫ですが、社葬は、会社としてのイメージを背負っていますので、絶対にマナーに反することのないように、念入りに気をつけておきましょう。
また会場についてからの言葉遣いや礼儀、作法なども会社として見られていると言っても過言ではありません。
個人葬でも当たり前の事ですが、社葬ではより気をつけてマナーある行動をとるようにしまょう。
社会人になったらまず、この社葬について調べておくと良いかもしれません。
また、こちらの未成年者の相続についての記事も参考にご覧ください。

Copyright (C) 最後の儀式 All Rights Reserved.