親戚とモメないお葬式の手順

お葬式というのは、人生の最後の舞台となるイベントです。
そのため、人それぞれに故人への想いもありますし、体裁観念も異なります。
お葬式で意外にも多いトラブルは、親戚間内のモメ事です。
親戚同士でモメないお葬式にするには一体どうすれば良いでしょうか?

お葬式というのは、宗派の関係もありますし、古くからのしきたりもあります。
日本はそういった事を大切にする国でもありますから、それに反した行為をすることを嫌う傾向があります。
しかし現代になってからのお葬式と言えば、時代背景の流れにより、お葬式の形もかなり変化してきました。
人によれば、お葬式なんてあげたくないという人もいますし、故人の性格を考慮し、悲しみの場ではなく、最後のパーティーの様な場にしたい!と考える人もいます。

しかし親戚間では色んな年代もいますし、嫁ぎ先の宗派やしきたりなども関係してくるため、「お葬式とは?」という定義が異なってくるのです。
そうなると、喪主が一人でどんどんしたいように決めてしまうと、喧嘩の元になってしまいます。

またお葬式は結婚式の様に、あーでもない、こーでもない。
なんて言っている時間がありませんから、何事にもスムーズな判断が必要となります。
その短時間でモメずに決定するためには、故人の強い希望でない限り、その家の宗派やしきたりを重んじるのも大切な事ですし、オーソドックスなスタイルのお式にする方が無難です。

また日頃から親戚間内の関係性を深めておくことも大切です。

例えば、親戚内にご長老の方がいらっしゃる場合は、皆で、葬儀のあり方について話し合うのもよいでしょう。
日本人は縁起を気にするあまり、不幸事の決め事は、最後の最後まで触れないようにしがちですが、結局モメてしまっては、故人にも失礼ですし、到底最後の舞台に相応しいものだとは思う事は出来ません。
そうならないためにも、親戚間内でよく話し合いをし、宗派やしきたりなどの文化も上手く取り入れていくようにしましょう。
また、こちらのお葬式までの流れについての記事も参考にご覧ください。

Copyright (C) 最後の儀式 All Rights Reserved.