お葬式の弔電のマナー

人の不幸というのは突然訪れるものですよね。
悲しみに浸る間もなく、葬儀などの連絡が入ってきます。
そして訃報が入ってもどうしても通夜や葬式に弔問出来ない場合もあります。

そんな時には、弔問出来ない変わりに弔電を打つ必要があります。
弔電とは、やむをえず、葬儀に参列出来ない場合に、送るお悔やみの電報のことで、告別式に間に合うように準備する必要があります。

それでは弔電のマナーについてお話したいと思います。

まず、訃報の連絡を受けたら、その通夜や告別式の日時、会場を尋ね、故人の自宅の住所、電話番号、喪主、宗派などを必ず確認しておきます。
弔電を打つタイミングについては、葬儀の前日までに打つようにします。
大体すぐに打てば、三時間後には届くと言われています。

弔電の送り先は通常、故人の自宅へ送りますが、必要に応じて、斎場に送るようにします。
その時の宛名は通常喪主の方宛に送りますが、喪主の名前が確認出来なかった場合には、「○○様(故人のフルネーム)ご遺族様」とし、送ります。
この時、名前や漢字を間違わないように気をつけます。

そして弔電文には忌み言葉に気をつけます。
忌み言葉というのは、死を意味する直接的な言葉や、重ね言葉、不幸の意味を持つ言葉を避けるようにします。

例としては、「○○様(喪主との続柄を敬称で表す)のご逝去を悼み、心からご冥福申し上げます。」などのような文を送ります。
弔電は葬儀で読みあげられますし、遺族の方が確認するものですから、言葉遣いには気をつけ、必ず差出人の名前を書き忘れないようにしましょう。

また弔電を出した場合でも、後日弔問に伺うようにしましょう。
そして間違っても喪主へお悔やみの連絡などは入れないようにしましょう。

通夜や告別式の日は喪主や遺族は大変忙しいものです。
そのあたりの配慮もマナーの一つですから、相手を思いやり、失礼のないように行動しましょう。
また、相続争いの実態についての記事も参考にご覧ください。

Copyright (C) 最後の儀式 All Rights Reserved.